2009年3月18日

pitchfork

最近チェックしていなかったんだが、昔から音楽情報を得ていた
pitchforkがいつの間にかリニューアルされていた。このサイトの編集長?は2007年のネット業界の中でも音楽業界に影響がある人に選ばれている。
昔の慣れ親しんだデザインから離れるというのは、実に面倒なのだけど新しい発見もある。
けっこうレビューとかも厳しい書き方されていたりするし、音楽の捉え方が日本とは違っていたりしてたまにみると面白い。
ウェブメディアの進化は、めまぐるしい。
googleで無数の情報や音楽ファイルへたどり着けてしまう今、メディアの価値は何なのか、問われている気がする。
無数に情報があるからこそ、各メディアごとでのセレクトセンスで特徴をだしていくべきなのかな。
レーベルもよく考えればひとつのメディアだからそういうこともしっかり考えていかないといけない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

recent release